冠纓神社(かんえいじんじゃ)

冠纓神社(かんえいじんじゃ)

冠纓神社について

香川県高松市の香南町にある神社で、別名かむろ八幡宮として、香南町の氏神として古くから親しまれているという事です。香川県では、秋祭りに獅子舞を奉納します、冠纓神社の秋祭りでの大獅子は日本一大きな獅子として有名です。

冠纓神社(かんえいじんじゃ)

深い鎮守の森に囲まれた、開けた拾い境内です。

冠纓神社(かんえいじんじゃ)の楠

樹齢800年以上と言われる楠のご神木。

冠纓神社(かんえいじんじゃ)
(クリックして拡大)

スポンサーリンク

パワースポット

冠纓神社はパワースポットとしても有名なんだそうで、神社の広大な鎮守の森は樹齢800年以上にもなる楠をはじめ、100種類を超える珍しい植物も多く、県の自然記念物にも指定されている癒やしスポットでもあります。

私にはパワースポットなどは良く判りませんが、冠纓神社の周りをのんびり歩くだけで、もの凄くリラックス出来、落ち着けます。これがパワースポット効果だということでしょうか。

境内にはわざわざパワースポットだと呼ばれている場所も幾つかあって、拝殿の下をくぐり百幸千福を招く「御力巡り」や眼病予防の「水神の井戸」、学力向上の「清澄の鐘(せいみょうのかね)」、立身出世や勝運にご利益のある「かむたま龍樟樹」、石を撫でながら願掛けすると必ず願いが叶う「願い石」、恋愛成就の「男石・女石」、鎮守の森が力を与えているに違いありません。

冠纓神社と安倍晴明

私がこの神社を知ったのは、帰省の際にこの神社の横を通りがかる際に見た「安倍晴明ゆかりの神社」という看板で、この看板に導かれてやってきたという感じです。

安倍晴明神社

安倍晴明神社がありました。

拝殿や神殿からはものすごく歴史をかんじるものの、安倍晴明神社はつい先日建てた様な真新しさで、ちょっと違和感。様々な諸説がありますが、安倍晴明が一時期ここで神主をしていたという伝承もあるそうです。

私の様に神仏にまったく興味もなかった者でさえその名前は知ってる安倍晴明です、もっと色々と知りたくなったのは当然のこと、生誕地や京都の清明神社へも行かなくてはという気になりました。

安倍晴明の母

安倍晴明の母、もうこれ一体しかないという白狐を譲ってもらって連れて帰りました。

冠纓神社の御朱印

冠纓神社(かんえいじんじゃ)

他の神社では見られない、五芒星が、安倍晴明に縁のある事を思わせる御朱印です。

冠纓神社の駐車場とアクセス

無料の駐車場が表参道と裏参道に用意されています。表参道からだと、石段を登る必要がありますが、裏参道からだと足腰が弱い方でも難なく歩いてお参り出来るかと思います。

香川県高松市香南町由佐1413

駐車場に車を止めて、小高い山の上を目指してのんびりと歩きます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする